CMYK

メニュー

最新情報

2015年12月28日
現役ポスティング経営者が語るおすすめの印刷通販屋さんを更新。
2015年12月28日
時短で高品質でとても便利な印刷通販を更新。
2015年12月28日
お名前シールは絶対便利です!を更新。
2015年12月28日
週刊誌は破格の紙の量を更新。

オリジナルのチラシの印刷は断然ネット印刷

少ない量の印刷を依頼するならネットの印刷通販が安くできる場合があります。当然ですが印刷枚数が多くなればなる程1枚あたりの単価も安くなりますが、それほど量がないとやはり割高になってしまいます。地元の印刷業者に見積もり依頼をしてみると分かるかと思いますが、数量が少ないと単価が高くて驚くこともありますね。実際、枚数が多くても少なくても作業の手間としてはあまり変わらないため、少ない枚数はどうしても割高になってしまうのです。高いからといって家庭用プリンターで印刷するとインク代がかなりかかってしまいます。自分でデザインソフトなどを使ってチラシを作成することが出来るのでしたら、データで原稿を入稿できるネットの印刷通販がオススメです。ネット印刷のいい点はその安さだけではありません。印刷物を2つ折りにしたい、小冊子にしたいという時にも1通あたりの単価が低コストで実現します。チラシの印刷通販の中には、印刷とポスティング代金込みのプランもありますので、外注する手間なく、チラシの印刷から配布までが1つの会社に依頼して完了してしまうという手軽さもありますね。ネットを利用するということで送料が気になりますが、ポスティング代金込みなら全てをお任せしてしまえるというメリットがあります。

これからの印刷業界は電子書籍も作っていく

「電子書籍元年」から五年が経過しました。相変わらず牛歩の歩みではありますが、電子書籍は確実に浸透してきています。その理由は、第一に大手出版社が続々と電子書籍事業に参入し始めたからでしょう。コミックや雑誌の電子書籍化により、スマートフォンで簡単に閲覧することが出来るようになりました。電子書籍は通信ができないところでも読めるので、元から大量の書籍を持ち歩きたい人に向いている媒体でした。第二に、アマゾンや楽天koboの始めた「個人出版事業」が挙げられます。これにより、出版社を介さず、安値で電子書籍を出版することが出来るようになりました。日本ではまだ知名度があまり高くなりませんが、今後欧米のように電子書籍一本で食べていく人が現れるかもしれません。しかし、電子書籍を作る技術はまだまだ敷居が高いと言わざるを得ません。ここを代行できるようになれば、ひとつひとつは微々たるものでも大きなサービスに成長する可能性があります。そして、なんといってもスマートフォンの普及です。五年前に比べて、スマートフォンを持つ人は爆発的に増えました。さらにこれが社会に浸透したことにより、「スマートフォンに特化したサービス」の大きな成長が見込まれます。このような状況を受けて、印刷会社は今後電子書籍も作れるようにならなければなりません。いや、すでにその必要に迫られて制作を開始している企業も存在します。古き良き体質が根強く残りがちな出版、及び印刷業界ですが、新技術を拒絶するのではなく受け入れていかなければ、今後の生き残りは難しいと言わざるをえないでしょう。

印刷通販のメリットについて

みなさんは印刷通販を利用されたことはあるでしょうか?今回は印刷通販のメリットについて検証していきます。まず、印刷通販とは何か?簡単にいえば「インターネット上で印刷注文ができるサービス」です。名刺やポストカードなどの小さな印刷物から、冊子などの複数ページもの、シールなど実にさまざまな種類の印刷物を注文することができます。簡単なインターネット入力で納品までこなしてもらえるので、近年利用する方が多くなっているようです。
それでは印刷通販のメリットとはなんでしょうか?
・少ない部数から印刷が可能
・コストを抑えることができる
・印刷にかかる費用の詳細をデータで見ることができる
・当日納期など、金額を出せば短納期で印刷できる
・早割などのキャンペーンがある
・納品後のアフターケアがある など
もちろん印刷通販会社によって特長は異なりますが、上記のようにたくさんのメリットを挙げることができます。専門的なデザインソフトを持っていない方でも、ワードやエクセルで作成したデータを入稿できるサイトもありますし、デザインする技術がなくてもデザインから受注してくれるサイトもあります。まだ利用したことがないという方は一度試してみてるのもアリかもしれません。

オススメコンテンツ